2010年5月1~3日大阪・三重・神戸撮影旅行諸々の事情(1)

5月1日大阪・神戸

Vanilla Ice氏と恒例のGW撮影旅行。長距離遠征で撮影をしてきました。高速料金が安くなり、GWなど連休には大渋滞が起こるという事で早起きして出かけることに。早起きと言っても、午前3時出発なので仮眠も良いところである。千住新橋から、首都高へのり江北ジャンクションへ向かったら、即渋滞にはまりがっかりも良いところ。原因は事故渋滞で、5台くらいの玉突き事故だった。「普段遠出をしない人が、無理に運転するからだよ」と言いながら、先に進むがその先何度も事故渋滞にはまり、遅くてもお昼にはつく予定が、大阪に着いたのは17時。途中何回か運転を交代し仮眠をとりながら進んだが一日目からとことんはまった感満載だ。

まずは、堺のビジネスホテルへチェックインして、寝床を確保。阪神工業地帯のスポット→ジャンクション3か所→堺泉北臨海工業地帯と順番を決め、さっそく移動開始。ここからが楽しい撮影の時間だ。

阪神工業地帯

 第一のスポット尼崎日油工場前夕暮れにたたずむ鉄塔の姿が美しい。

阪神工業地帯鉄塔

 天気も大変良くて嬉しいこのコンビだとほとんど天気が良くない。撮影スポットをみつけ撮影を開始する。金属の鈍い光と人工の光のコラボレーションがたまらない。電灯の光も色がそれぞれ違う事があるので、写真におさめるとより美しく見える。

 阪神工業地帯
 阪神工業地帯

 

 

北港・天保山ジャンクション

東京にない美しく複雑なジャンクションが大阪にはある。まずは北郊ジャンクション3重構造の立体物の間を規則的に高速が交じり合う。この付近を歩いても色々な角度からの撮影が楽しめるので、時間をとって撮影をしたいスポットでもある。
次にユニバーサルスタジオの近くにある天保山ジャンクション。ここのすぐ近くで職質を受けてしまう。「他県ナンバーだし、車に荷物をいっぱい積んでるから怪しいと思った。」とか言われちゃった日には、失礼なものである。話をしてわかってくれたものの以前神戸で嫌な思いをしたこともあり、それがよみがえるような出来事。勘弁してほしいわ。
天保山ジャンクションは、ループ状のジャンクションで近くに漁港がある。時間があれば人回り歩いて写真を撮りたいものだ。もう一度行きたい。

 北港JCT
 天保山ジャンクション

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です