2010年5月1~3日大阪・三重・神戸撮影旅行諸々の事情(最終回)

5月3日三重・愛媛・東京

ホテルに戻り、日の出前までに戻ろうと仮眠後3時半に四日市のホテルを出発。Vanillaはおいていく!

 塩浜町の工場スポット

日の出は5時頃約6kmの道を飛ばすが遅かった。だいぶ空は白けいてイメージとは全く違った。ざんねんorzまあ、朝は朝で良さげなので撮影をしていく。
薄い雲も若干出ていたので、ちょっとがっかり、何枚か撮影し別のスポットに行ってみた。

塩浜町の工場

大正橋・四日市ドーム裏撮影スポット

ちょうど工場の後ろから太陽が昇ってくるのでマイナス補正で撮影(1枚目)。次に四日市ドームの裏に移動し撮影(2枚目)。方角によっては厚い雲がかかっている。時計を見ると6時を過ぎている。そろそろホテルに戻らないと。急いで車に乗り、ホテルに向かっていると星一徹様な何かを発見。こういうのは、「著作権大丈夫なのだろうか?」と思う。お菓子でもたまにあるけど、どう考えてもNGのようなものが売っていたりするって、担当者が企画書を書いたり、提案したりして決めると思うけど、この店の場合、店からの要望か?それとも依頼者からのお願いか?どちらなんだろう?

 四日市工業地帯
 四日市工業地帯
 星一徹か?

 

 

シークレットスポット目指して移動開始。

ホテルで朝食を食べ、次のスポットに移動することに。次のスポットはシークレットなのである。三重県の山の中のとある場所に向けて移動する。
のどかな田舎道をすすむ。その中で突如渋滞が起こっている。また渋滞かと思ったら、近くに大きなセメント工場を発見!
渋滞も嫌だったので、急遽撮影をすることにした。この行き当たりばったり感が撮影旅行では、結構好きだ。広大な畑の上の丘に重厚な工場がそびえたし、畑には、蓮華が咲いていたり、野鳥が飛んでいたりのどかな場所。野鳥も数種類いて畑に餌を取りに来ていたようだ。撮影しだすと二人とも止まらず、1時間過ぎてしまい時間の大幅なロス。行き当たりばったりを公開する瞬間ではある。

 セメント工場稼働中
 野鳥
 蓮華

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です