2015年第1回三鷹写真部撮影会(東京スカイツリー)

2015年6月1日(月)三鷹写真部は、東京スカイツリーの撮影でした。
15時頃に現地到着、地下駐車場に車を止め、メンバーと合流今回は二人で撮影です。

夜景を撮影するスポットを下見。
西十間橋で一枚。

次に、源森橋。
列車と合わせて一枚!

ここのスポットでも、逆スカイツリーが撮影できる。

次はいよいよ、東京スカイツリーに昇ります。
ブームがひと段落下からとはいえ、整理券をもらい指定された時間に並ばなくてはいけないというのは致し方なし。
18時から昇ることができるそうなので、しばらくお茶をして時間を過ごしました。

東京スカイツリーは、三脚はNGではないようだが、あまり使わないでほしいとのこと。
まあ、人が多いので使うと邪魔になる。結局のところ床の位置からガラスが斜めに設置されていること、
床に手すりが設置され、ガラスに近づいて撮影できないことから、三脚をつかっても反射して人が映りこんでしまうため、
使うことができない状況。iso感度を上げてとるしかなさそうである。

展望台に上ったときの恒例、スカイツリーから撮影する夕日

南千住方面

アサヒビールタワー

言問橋。
車がミニカーのよう。

言問橋から先のエリア

やはり、iso感を上げるとノイジーな感じで、写真の目も粗くなる。
7DMark2でもこれが限界な感じ。

暗くなる前に第一展望台で一通り撮影を済ませ、次はさらに上に昇る。
天空回廊は別料金。

支払いを済ませ、上に上がると天空回廊ものすごい人。
港区方面。東京タワーが下に見える。

お台場方面レインボーブリッジ

東京ゲートブリッジ葛西方面
ここは、車で走るととてもきれいなスポット。ドライブにはもってこいの橋だとおもいます。

東向島・四つ木方面
唯一、ISO100で撮影できたスポット。
地球が丸く見えます。夜景が本当に素晴らしい!

一通り撮影し終わったので、地上で夜景撮影。
西十間橋にもどります。

逆スカイツリー。( RAWにて調整)

源森橋に移動中。
街中から一枚。

源森橋にて。

まとめ、スカイツリーは東京タワーに比べやはり高所からの撮影ができる事が魅力的。
しかしながら、ライトアップについては東京タワーが良いかもしれない。
タワーの形も、東京タワーの方が面白い感じがする。ライトアップも東京タワー同様様々な種類があるので、
機会を作ってまた来てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です